外断熱・二重通気の住みごこち ソーラーサーキットの家

おしゃれな家は 空気もおいしい

加藤清正公の熊本城、細川公の水前寺公園などで名高い肥後のくに、熊本市。水と森に恵まれた人口約74万人の歴史ある街です。温暖で過ごしやすい気候と勝手にイメージしていたのですが、実は、内陸性の気候で夏冬の寒暖差が激しく、特に夏場の暑さは厳しいとのこと。今回の訪問は、晩秋。市中心部から南に車で約30分。田園地帯を抜け、銀杏が黄色い絨毯のように積み重なった美しい神社の脇を少し上がったところにF邸はありました。広いエントランスとモダンな玄関が印象的です。

築40年以上の平屋を建て替え

F様ご夫妻 屋内を拝見する前に、ご主人とお庭で立ち話。
「この家は、建て替えなのです。隣は私の実家でして、離れのようになった築40年の平屋に住んでいました。ご覧の通り、敷地は広いのですが、草木の手入れがたいへんで、夏場は蚊にも悩まされていたのです。夏はジメジメして暑いですし、冬の阿蘇は札幌よりも寒くなることもあって、意外と過ごしにくいと言われているのですよ。」
素敵な玄関まわりについては、「ここはとても気に入っている場所です。夜は特に綺麗ですよ。LEDの間接照明になっていて、知らない人でも “キレイ"と、話しかけてこられます。」
樹木への照明と、玄関から漏れる明かりがうまくマッチして家が美しく映えるのが想像できますね。

素敵なモデルハウスを見たら…もう

屋内は、やわらかな空気が広がります。玄関〜リビング〜ダイニング〜キッチンは、それぞれから直接見えないように工夫されています。床材は桜の木で収納や照明まで統一、天井は通常より高く、インテリアとともにモダンなデザインで、とても美しいLDKです。 奥様に家づくりのきっかけをお尋ねすると、「素敵なモデルハウスを見たら、もう一直線です。今までの家は、古かったとはいえ、建て替えは定年後だと思っていました。ところが、年末に、ハウスメーカーのモデルハウスを安く譲るという広告を見て、ダメ元で応募してみたのです。結果はもちろんダメだったのですが、新しい家に魅了されてしまい。即建て替え決断です。(笑)それから数社のモデルハウスを見に行ったり、インターネットで調べたりしていたところ、年明けにアーデルさんの宿泊体験のチラシが入りました。温度差のない外断熱の家だというのも気に入ったので、一度行ってみようとなりました。」

外断熱は知っていました

ご主人は、過去に家の評価をするお仕事をされていた関係で、外断熱を含む構造、工法、材質については広く知識をお持ちで、モデルハウスでも一般の方が見ないところまでチェックしておられたそうです。
「外断熱の家の特長は理解していました。この土地は内陸で、風も強く湿度も高い。夏はとても暑く、冬も相当寒い。寒暖差が激しいのです。ですから、外断熱の家であれば快適になるのではないかと考えていました。また、熊本は地下水が豊かで、ウチの土地も30センチくらい掘ると水が出るくらいなので、地面の湿気がすごい。ですから、基礎も大事です。アーデルハウスさんは外断熱で基礎のしっかりしているソーラーサーキットの家を建てるということなので、妻の宿泊体験には素直に賛成できました。」
「体験宿泊に出かけたのは、2月でした。私だけだと流されてしまうかもしれないので、母と行きました。当時の家がとても寒かったので、屋内の温度がどこでも一定で温かいというのが引かれた点ですね。実際に泊まってみたら、その通りで納得です。でも、もっとも魅かれたのは、モデルハウスのデザインですね。内装とか間接照明とか…。ご担当いただいた松田さんの説明がとても上手で、うまく乗せられてしまったのかもしれませんが、(笑)私の中ではアーデルさんで決まりです。こんな家を建てたいって。」と奥様。

明るくモデルハウスのようなリビング 手前は和室、奥はキッチンでその左はダイニング ダイニングと階段 左は玄関へ続く廊下 玄関 玄関 表の植栽がガラス越しに
美しい
玄関全景 左にカーテンはシューズクロゼット

おしゃれと快適性と効率性

数社を検討されたご夫妻。ご主人は、数社の中では、熊本県産材を使用した和モダンな家が良いなと思っておられたそう。
「実際に見に行ったのですが、木目がきつくて、二人とも、デザイン的にちょっと…。(苦笑)熊本では、木材にこだわる人が多くて、ヒノキや、太い柱は当たり前です。「森の都」ですから。でも、目指す和モダンの家には、強度的には集成材で充分です。アーデルさんはソーラーサーキットの実績も多かったので、デザインと機能のアーデルさんに決めました。」
奥様は、「モデルハウスがおしゃれなのが一番でしたね。イメージがすぐ湧きました。質問には、素早い回答とあわせてご提案もいただきましたが、押し付けはされませんでしたね。こだわりも持って勧めてくれている感じで、安心して相談できました。」
太陽光発電に話が及ぶと、ご主人は、「オール電化はとても便利なので決定。そしてオール電化にするなら太陽光発電です。太陽光パネルのメーカーについては少し迷いましたが、ここでも“おしゃれ"なカネカの瓦一体型にしました。後で、外からは、ほとんど見えないことに気づいたのですが(笑)」

”10日に一度の面接” で こだわり実現

アーデルハウスさんに決定し、打ち合わせが始まります。奥様曰く“10日に一度の面接"で半年間。松田さんにF家のライフスタイルをはじめとした様々なこと話し、いろいろな提案を受け楽しく進んだそうです。
「ソーラーサーキットは吹き抜けが多いのですが、あえてやめました。スペースを確保したかったのもありますが、一番は音ですね。外部との遮音性はとても良いのですが、吹き抜けにすると、内部で音が響きますからね。子供は二人とも受験を控えていますので、静かな環境が必要と思いました。また、2階はリビングとは違うデザインなのです。特に長男の部屋は、子供の希望もあって大人っぽく白と黒を基調とした部屋になっています。上と下では雰囲気を変えたかったのです。また、私の部屋はダイニングの収納の横に入り口を作ってもらいました。一目ではわからないでしょ。」とご主人。
「私のこだわりは、デザインはもちろんですが、収納ですね。以前は、平屋で和風なので収納が少なかったからです。収納はすべて造りつけでお願いしました。ダイニング横の収納はもちろん、玄関のシューズクローゼット、トイレ内の本棚も、アーデルさんと一緒に考えました。それとバリアフリーですね。老後のこともありましたが、ルンバが活躍できる家にしたかったです(笑)」
綿密な打ち合わせが終わり、さあ、着工です。

ダイニング 収納はすべて造りつけ 収納右はご主人の部屋ドア リビング横の和室
玄関から直接入ることも可能
キッチン&カウンター

大工さんひとりで

ご主人は、お休みの度に見に来られたそうですが、一週間くらいでは状況に大きな変化が無かったそうです。それもそのはず、アーデルハウスさんでは、建築作業は大工さん一人が基本で、工期は4か月以上、約2か月のハウスメーカーの倍以上。腕のいい大工さんが責任を持って建てるというポリシーです。
「大工さんはいつも黙々と丁寧にお仕事されていましたよ。責任感が伝わってきました。施主としては、工期が長くなり、仮住まいの期間も長くなりその分コストもかかりますが、アーデルさんのポリシーに同感しましたので納得です。おかげさまでいい家ができたと思っています。」

間接照明が美しい 間接照明と換気システム 階段横の
各種コントロールパネル

空気がおいしい

完成・入居は3月。花粉や黄砂の季節と重なり、花粉症でなくとも空気が気になるところですが、家に入ると更に空気が違うと感じられたそうです。
ご主人「びっくりしたことに、熊本は空気がキレイと思っていたにも関わらず、家に入ると空気がおいしいのです。こんな感覚は初めてでした。ただし、近年は大陸からのPM2.5の影響で、県内で光化学スモッグ注意報が出るのですよ。迷惑な話ですが、入居当時にはなかったPM2.5対応の換気フィルターを検討しています。夏場は、家に入った瞬間、涼しく感じられます。“ひんやり"“カラッ"という感じですね。エアコンを少し動かすだけで快適になります。なにより嬉しいのは、蚊や虫が入ってこないこと。閉め切ったままでいられますからね。ほんとに快適です。」 奥様「冬は、ほんとに温かいです。暖房はほとんど使いませんね。以前は寒さに加え、結露がすごかったのですが、今はありません。洗濯物も室内だけでよく乾きます。また、家族はみんな薄着で過ごせています。空気がほんとに良いですね。換気システムのおかげでしょうか。息子の喘息が出なくなりました。」
「太陽光とオール電化ですが、ほんとに経済的です。今年は日照があまりよくありませんが、それでも光熱費は以前と比べて1/3以下になったと思います。チェックするのが楽しみです。」とご主人。

夜にはライトアップされるエントランス カネカ瓦一体型太陽光電池(VISOLA) 2階トイレ

よか家ん、たったな〜

お住まいになって1年半、アフターメンテについてお聞きしました。「担当の方は定期的に来られます。キッチン前のカウンター席に座っていただいていろいろ話をするのですよ。例えば、ルンバが2階から落ちて床に傷がついたお話をすると、その場ですぐ直していただきました。頼みやすくて、なんでもすぐ対応いただけるので安心ですね。家を建てたい方がいたらアーデルさんをまっさきに紹介しますよ。」と奥様。
「アーデルさんにお願いして本当に良かったです。何より良かったのは、家のデザインです。私たちのもやもやした要望をカタチにしていただきました。間取りや室内の雰囲気はもちろんですが、エントランス周りにはほんとに大満足です。道行く人から“よか家ん、たったな〜"と言われるとほんとに嬉しいですよ。」とご主人の言葉に奥様も笑顔で頷かれました。ご夫婦の深い満足感が素敵な笑顔から伝わってきました。

from Editor

F様ご夫妻とアーデルハウス松田部長 アーデルハウスさんの家づくりは「マイホームを創る愉しみ」。ひとりひとりに個性があるように、住まいにだって個性と同じだけの、いろいろな“カタチ"があるはず。アーデルハウスさんはお客様のライフスタイルにあった家創りを目指されています。お施主様のことを深く知り、ライフスタイルにあった的確なご提案をしていかれることで、長く満足できる家をカタチにされています。建築を担当される大工さんが一人というポリシーも責任の所在だけではなく、仕事に自信と誇りをもっておられる表れだと感じます。その自信と誇りがF様の深い満足にもつながっているのですね。

お客様の声トップにもどるページの先頭へ

ネット・ゼロエネルギーハウス
カネカのサプリメント
契約工務店募集
株式会社カネカ
カネライトフォーム カネカケンテック株式会社
すてきナイスグループ
自然エネルギー活用住宅普及促進協議会