外断熱・二重通気の住みごこち ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットはニオイもストレスフリー

今回は大阪府堺市。仁徳天皇陵、東洋のベニス、自由都市、千利休、鉄砲鍛冶、阪神工業地帯……。古代から現在まで、キーワードがもりだくさんな、歴史と伝統あふれる大都市です。地上から仁徳天皇陵は、こんもりした森が見えるだけ。少しでも写真のイメージがあるかと思っていたのですが、まったく…どれだけ大きいのか。すごいものです。世界遺産登録を目指しているのももっともですね。H邸は、ご入居されてまもなく5年。大阪府で初リフレアとのこと。大通りから少し入った静かな住宅街にありました。

実家の近くで土地探し

H様ご夫妻 以前、京都でマンション暮らしをされていたH様ご家族。ご主人の実家の事情で、堺に戻ることになりました。「家業を継ぐことになったのと、子供の小学校入学の時期とも重なり、家を建てるにはいいタイミングかなと。先ずは実家の近くで土地を探し始めました。」
マンションは考えなかったのですか?との問いに「マンションは嫌でした。京都では、住人に音に敏感な方がいらして、とてもストレスがたまりましたので、子供が素足でのびのび走り回れる家がほしくなりました。また、京都の冬はとても寒く、夏はとても暑いので、こちらもストレスでしたね。」
「そうそう。とても寒かったですよ。隙間風も入るし、結露もすごいし。実家に近くなって子供のことなど、いろいろ助けてもらえると思うと引越しも嬉しかったですね。」と奥様。新築に向けてベクトルは定まっていたのですね。

安全でストレスフリーがポイント

土地を探していたご主人。恰好の土地が見つかります。「実家の近くを探し歩いていると、この土地が見つかりました。土地の前の道は広くなく、車があまり入ってきませんので、子供が遊んでもそんなに危険はありません。仕事上、車が数台必要なのですが、車の取り回しも大丈夫なスペースもあります。まさに理想の土地でしたね。」
土地が決まれば次は家。H様には家族ぐるみでお願いしている工務店さんがありました。
「岩田社長には小さいころからお世話になっていました。社長のことを絶対的に信頼していて、高校選びまでお願いしたくらいです。ソーラーサーキットは知っていました、というよりは、社長が建てる家は全面的にいい家だと思っていました。もう無条件で『お願いします』です。ハウスメーカーは全然考えていませんでした。『カタにハメられる』のも嫌いですし。(笑)社長には、『安全で、冬でも子供が素足で走り回れて、冬は温かくて、夏は涼しくてストレスのない家をお願いします。』です。(笑)」

リビング 階段横は脱衣場に続く収納スペース とても美しいご主人こだわりの和室 光が差し込む明るいキッチン カネカ瓦一体型太陽光発電システムVISOLA

オール電化も安全第一

太陽光発電をつけたいと考えていたご主人。社長に相談するとオール電化を提案されます。奥様は「オール電化は少し迷っていました。電磁波の影響が気になったのです。もともと私は少し臆病な方で、友達に相談すると、電磁波といえばIHより、携帯電話や、ドライヤの方が危ないし、ガスの方がもっと危ないのでは?と指摘され、もっともだと納得。とにかく安全が第一だと思いました。また、太陽光は『もうかりそう』で魅力的でしたね。私は電気代がすごく気になるのです。(笑)」

家のニオイがしない

社長におまかせのH様でしたが、ソーラーサーキットの家は体験されています。「社長の会社が建てたソーラーサーキットの家は数件体験しました。特長やメリットはよく知っているつもりでしたが、実際に体験してみると、夏は涼しく、冬は温かいのは予想通りでしたが、驚いたのは、家特有のニオイがしないのですね。私は仕事柄、いろんな家にお邪魔するのですが、家ごとに違う独特のニオイがして、とても気になります。体験した家はすべてニオイがありません。聞くとソーラーサーキットは気密性に優れ、外気を常に取り入れ循環させているからニオイがしない。おまけに遮音性も高いので、子供があばれても外へも音が気にならないと。『へー、うまいこと考えとるな〜』と納得です。これならストレスの無い家ができそうだと。『ちょっと高いけど』(笑)」

脱衣場 右の扉は階段下収納 浴室 トイレ

あとで後悔しないように

ソーラーサーキットに大阪初の全館除湿のリフレアを加え、瓦一体型の太陽光発電でオール電化を軸に家づくりが始まります。間取りや収納などは奥様中心。「主人は、私と子供達が住みやすく、使いやすい家が一番。と言ってくれましたので、収納はできるだけ多く、2階の子供部屋は現在ひとつの広い部屋ですが、将来分けられるようにしてもらいました。他にも、細かいアイデアを提案していただき、盛り込んでもらいました。」「私は和室をつくってもらうのと、リビングに階段をつけてもらうこと。朝晩2回は必ず家族に会うことにしたかったのです。社長といろいろ話して、あとで後悔しないように、いいと思うことはすべてやってもらいました。」
打ち合わせを重ね着工です。小学校入学に間に合うようにと、スケジュールは厳しかったですが、順調に進み、2月にはほぼ完成。実はご夫妻、建築中はほとんど見に来られていなかったそう。
「すべてお任せしてますんで、丸投げですわ〜。」(笑)とご主人。

働いとんな〜

完成・入居は3月。外はまだまだ寒い時期でしたが「あたたかいのがうれしかった」そうです。
奥様「正直『住むのがもったいない!』でした。ドアをあけると暖房も無いのにほんわり温かいのです。あたたかくてうれしかったですね。今までとは全然違いました。家中、温度差がないので薄着でも大丈夫ですし、洗濯物も家の中でよく乾きます。もちろん結露はありせん。すごい家でもったいなくて、今でも押しピンひとつ刺すのも迷います。」
ご主人「いわゆる『借りモンとちゃう!』ですね。寒い夜に帰宅したときも、ドアを開けると温かいですし、子供は素足で走り回っていても、音は外に漏れていません。もちろん家のニオイはしませんし、『ソーラーサーキット働いとんな〜』ですよ。借り物ではない独自の理想の家ができました。梅雨から夏、すごく暑くて湿気がすごいのですが、お風呂から上がると涼しいのです。これは初体験でした。」
太陽光発電については、奥様「夏場はホンマ『もうかってます!』売電で収入があるのは、もちろんですが、家自体がすごく明るいので、昼間は照明をつける必要がなくて。『もうかってます。』電気代が気になるので太陽光のモニタを外しているくらいですよ。(笑)」

2階 こども部屋 将来は仕切ることも可能 階段上スペースに
造りつけデスク
小屋裏収納 小屋裏部屋とソーラー
サーキットシステム

あるある話についていけない

ストレスフリーな家を実現されたH様、困ったこともあるそうです。
奥様「知らないうちに、ここが親戚や、友達が集まる家になっていました。みなさんこの家を冬は温かくて、夏は涼しく快適だとわかったからでしょうね。自然に集まり楽しく過ごせています。あるとき、友達が集って、家の話になりました。結露で、カーテンがびしょびしょになるとか、風呂場が寒いとか、光熱費が高いとか、騒音がひどいとか「あるある」話で盛り上がりました。うちはどれも無いので話を合わすのに苦労しましたよ。(笑)他には、太陽光発電とシロアリ駆除のセールスが来ます。ウチには必要無いのですが、外から見るとわからないのでしょうね。なんかちょっと自慢です。(笑)」
ご主人「玄関でクワガタを飼っているのですが、実は6月にもらったものなのです。今は2月なのですがまだ生きています。クワガタにとっても体に負担がかからず快適なのでしょうね。私たちにとっては、本当に快適でストレスフリーなソーラーサーキットの家はとてもありがたいものですが、一番感謝したいのは、岩田社長です。社長にお願いできて本当に良かったです。社員の方も定期的に来てくれて、メンテナンスをしていただいています。これからも公私にわたりよろしくお願いしますね。」
笑いが絶えない取材中、ご夫妻の幸せが伝わってくる訪問でした。

from Editor

ご夫妻と岩田社長 岩田社長にとってH様が小さい頃からまるで自分の子供のような存在。子供の家を建てる気持ちで取り組まれたそうです。岩田建設さんの家づくりは「とことん話し合う」。お客様とお会いしてしっかり話し合い、提案し、ご要望をカタチにされています。取材中もまるで親子のようなやりとりで、あうんの呼吸が感じられます。SCの使い方について気になったら、小屋裏をチェック、その後、アドバイスと、スピード感あふれる対応が印象的でした。H様が公私ともに信頼を寄せていらっしゃるのも納得です。お施主様と工務店さんとは強い信頼関係があってこそ、理想の家が実現するのですね。

お客様の声トップにもどるページの先頭へ

ネット・ゼロエネルギーハウス
カネカのサプリメント
契約工務店募集
株式会社カネカ
カネライトフォーム カネカケンテック株式会社
すてきナイスグループ
自然エネルギー活用住宅普及促進協議会