ソーラーサーキットの家ロゴ
ターミメッシュ フォームシステム ホームへ
ソーラーサーキット®の新築用の基礎外断熱メッシュ防蟻工法®

シロアリについての基礎知識

シロアリは地中や木材中にコロニー(集団)を形成し、女王アリ、王アリ、兵隊アリ、働きアリなどで構成されています。コロニーにはシロアリ種によって変わりますが1万〜100万頭が生息します。風や太陽光は苦手で、地中や地上に土や食害片などでつくった通路(蟻道)を利用して活動範囲を広げていきます。

シロアリの餌となるのは主に木材(セルロース)ですが、餌とはならないゴム、プラスチック等のやわらかい物もかじってしまう習性があります。シロアリの住居への侵入の防止には、確実な防蟻措置と日常管理が最も重要です。

住宅に被害を与えるシロアリ
 

日本には、外来種を含め22種類のシロアリが生息し、住宅に被害を与えるものは4種類で、ヤマトシロアリ、イエシロアリ、ダイコクシロアリ、アメリカカンザイシロアリです。
特に被害が大きいのは、地下シロアリと呼ばれるヤマトシロアリとイエシロアリと言われています。

ヤマトシロアリは、日本に最も広く分布し、主に腐朽した木材中に営巣し、4~5月頃の日中に、新しいコロニーを形成するために群飛します。

イエシロアリは、地下にコロニーを形成し大きな集団で生息し、食害は激烈で乾いた木材でも水を運び湿潤させ食害します。
6~7月頃の夕方から夜に新しいコロニーを形成するために群飛します。

ヤマトシロアリとイエシロアリ
 
現在表示中のページ > TOPページ > シロアリについての基礎知識> 次のページ | ページのトップに戻る▲
 
資料請求・お問い合わせ 契約工務店募集 企業情報 サイトマップ