ソーラーサーキットの家ロゴ
ターミメッシュ フォームシステム ホームへ
ソーラーサーキット®の新築用の基礎外断熱メッシュ防蟻工法®

防蟻薬剤を一切使用せず、認定施工士がしっかりつくる。
ソーラーサーキット新築用の「基礎外断熱メッシュ防蟻工法®

ターミメッシュ フォームシステムのテーマは防蟻・健康・快適・省エネルギー・高耐久です。

基礎の耐久性や熱橋防止など優れた点が多く挙げられる基礎外断熱工法。その基礎外断熱工法における有効な防蟻措置として、防蟻薬剤を一切使用しない基礎外断熱メッシュ防蟻工法®「ターミメッシュ フォームシステム」が開発されました。

住宅の防蟻措置といえば、これまでは長期の効果持続性が期待できない防蟻薬剤に頼ることがほとんどでした。一方、木質材料の接着剤、内装材、塗料や防虫剤などに含まれる化学物質により目や喉の痛み、頭痛、めまい等の障害を引き起こすというシックハウス症候群が社会問題化してきました。平成15年7月施行の改正建築基準法では、その対策に重点がおかれ、有機リン系防蟻薬剤であるクロルピリホスの使用禁止、建築用接着剤に含まれるホルムアルデヒドの使用規制等が明記されました。しかし、シックハウス症候群の原因はこの2つの化学物質だけではありません。とりわけ床下の防蟻措置ではクロルピリホス以外にも、厚生労働省にて室内濃度指針値が設定された化学物質を含む防蟻薬剤が使用されることもあるのが実状です。

防蟻薬剤を一切使用しない「ターミメッシュ フォームシステム」は、こうした問題を解決するとともに、土中からのシロアリ侵入を予防して基礎外断熱性能を存分に発揮いたします。また、メッシュ防蟻設計施工は、技術研修をクリアした“ターミメッシュ認定施工士”が実施します。品質管理意識の高い認定施工士が“しっかりつくる”ので安心です。外気に接する基礎・壁・屋根全ての部位を外側から断熱材ですっぽり包み込む外断熱・二重通気工法®「ソーラーサーキット」の新築用の防蟻工法として大きな注目を集めています。

ターミメッシュフォームシステムイメージ
現在表示中のページ > TOPページ > 概要・特長> 次のページ | ページのトップに戻る▲
 
資料請求・お問い合わせ 契約工務店募集 企業情報 サイトマップ