外断熱・二重通気の住みごこち ソーラーサーキットの家

世代を超えて住み継がれる家

家の特長とアイデア

長野市郊外に位置する新興住宅地で東側と南側に道路が接する約290㎡の敷地に建設することから周辺の建物や歩行者に威圧感を感じさせないように建ぺい率を28%とし街並みに配慮した建物を計画しました。
外観では夏の日射遮蔽と冬の日射取得を考慮して軒の出を900㎜とし、軒の深さに合わせて建物に水平方向の広がりを持たせるため高さを低く抑えて安定感を感じられる形状にしています。
構造材は全て県産材を使用し、造作材においても実家に保管されていた材料を積極的に再利用して環境負荷の低減に配慮しています。
内観においては生活の中心となるリビング・ダイニングを約19帖とし、床暖房設備を設置するとともに間接照明を用い居心地の良い空間としています。
断熱工法は次世代省エネ基準Ⅱ地域仕様外断熱2重通気工法を基準に採用し壁の断熱材を25㎜増やした計画にして熱負荷を低減させ、カネカ製の瓦一体型PV約4kWの設備と家庭用燃料電池エネファームを設置してランニングコストと環境負荷低減を図っています。

お施主様の声

性能とデザインの両方が優れた住宅が希望でした。住み心地とデザインに大満足しています。
夏の快適性については想像以上で、日中にエアコンを運転したのは10回未満で、夜はエアコンの運転なしで就寝できました。

施工工務店より

流行に流されずいつの時代にも愛される建物づくりを目指し創業以来数多くの住宅づくりを手掛けてきました。
今年で40年目を迎え、たどり着いた「住みごごち」がここにあります。
いつの時代にも左右されない寛ぎと安らぎのある住まいを通じて家族の絆や暮らし方が、時代とともに子、孫に継承され、愛され続けていく理想の住まいづくりを行っています。

ページの先頭へ

ネット・ゼロエネルギーハウス
契約工務店募集
株式会社カネカ
すてきナイスグループ
自然エネルギー活用住宅普及促進協議会
カネカのサプリメント