他社との差別化を求めていらっしゃる工務店さま、本当にいい家を一緒に作っていきませんか!
ソーラーサーキットの家に興味のある工務店さまへ 契約工務店さまへのメッセージ 契約工務店さまのしくみ サポート活動 お問い合わせ・資料請求はこちら
ソーラーサーキットの家は進化住宅「住みごこち」をベースに「"少"エネルギー住宅」へ、私たちと新しい日本の家づくりにチャレンジしませんか!

堀江会長がソーラーサーキットの家について語ります。

§1, ソーラーサーキットについて

堀江会長のご自宅はソーラーサーキットの家だそうですね。
ご実感としてソーラーサーキットの家の良いところはどんなところでしょうか?


ソーラーサーキットで自宅を建てたのは、10年くらい前になります。夫婦で検討して、マンションだと一気に価値が下がるので、やはり一戸建てにしようと、土地は腐らない、家も長持ちして腐らないものがいいねといって、ソーラーサーキットの家ということになりました。

その当時、カネカの断熱材を担当していまして、断熱の性能についての知識もあり、ソーラーサーキットの家は良い工法との認識はありました。ただ、そこまで必要なのか?いわゆる外断熱で二重通気まで必要なのか?過剰性能じゃないのか?という評判は随分、社内でも聞こえていたので、調べ直したのです。

よく調べると、非常に理にかなっており「こうあるべきだよね」という感想でした。これだったら腐らない。柱も多分一世紀二世紀は元気でいられる。さらに、結露はしないし非常に静かで、これはいいと感じました。

また、家内が断熱の先進地域の北海道出身の建築家で、断熱の勉強も一生懸命している人だったので聞いてみると、やっぱり今の日本の国内の中で一番優れた工法ではないか。他とは全然レベルが違うというわけです。

世の中が1の基準でやっているような所を10のゾーンをやっていると。だから随分違うといわれていたのですね。過剰性能はそこから来ていました。当時は、時代の最先端を行き過ぎている感があった。そこまでやらなくても、という部分があったのです。現在でも十分通用する。いや、まだ先を行っている、という感じです。

実際どういう家かというと、わかりやすいのでいえば夏と冬です。夏では、普通の家の場合は、冷房を入れていない状態では、外から帰り、家のドアを開けると外気より家の中の室温が高くモワーっとします。思わず熱気をよけてしまいたくなります。対してソーラーサーキットの家は、帰ってきてそのままスッと入れる。大体外気より3℃位低いのです。これはどういうことかというと、外気温が30℃以上でも、床下の温度というのが実は25~26℃位なのです。これを外断熱と二重通気を上手に活用して排熱をしているのです。したがって壁の中の温度も室内の温度も外より低いのです。

また、同じ室温28℃でもソーラーサーキットの家の方が体感温度が低いため、温度が低く感じます。したがって快適、同じ温度でも違う。ということになるのです。30℃を越すような猛暑日の夜も、就寝前に1時間~1時間半エアコンいれておけば朝までぐっすり眠れるということですね。これまでの家ではエアコンが切れると暑くて起きて、汗もたくさんかいて気持ち悪くなって起きてしまう。起きてしまうのでまたエアコンを入れてしまう・・汗かいたところに体冷やしますから体に良くないですね。

ソーラーサーキットの家にしてからそういうことがなくなるので、家の中のみんなが夏風邪をひかなくなりましたね。冬もですが。

今度は冬場ですが関東でも九州でもマイナス温度になることがありますね。暖房をしていない状態で何度になっているのかというと、普通の家だと家の中の温度というのは断熱材入れない家は外気温に等しいです。最近の大手ハウスメーカーさんの住宅でも5℃~7℃位です。

ソーラーサーキットの家はどうかというと13℃~14℃あるのです。全然違うのです。暖房をしてないのに、です。どうしてかというと、その秘密は先ほども登場した床下の温度です。ソーラーサーキットの家の床下の温度は15℃位あるのです。

それはちゃんとベタ基礎を外断熱することにより基礎部分が蓄熱層になりその熱を活用しているのですね。気密性も大手ハウスメーカーさんのより約10倍位良いのです。熱がやたら逃げないということですね。ソーラーサーキットの家は違うのです。結果、こうした理由で年間の電気代もお安くなります。

それとメンテについてですが、この10年間メンテ関連での費用は、エアコンと冷蔵庫、家の部分はクレーム無しでメンテ不要でした。

NEXT:ソーラーサーキットの優位性

ページの先頭へ